「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10の質問/TAKEの巻
a0267026_22475379.jpg

      photo by かな






  A ギターの魅力とは何でしょうか? 






ギターに限らず楽器という存在は


人類文明の中でも生活に近い、道具の一つだと思う。

 
「平和」という観点では自分の中ではウクレレが最高の弦楽器だが、


エレキギターに至っては、その音の唯一無二感、


何でも出来てしまいそう感はいまだ無限大。


非現実的な音を出せる楽器の中でも


アルモニカなどは人を死に至らしめると恐れられるほど流行したそうだが


現在ではほとんど知られていないし、


シンセサイザー、デジタルは一部で音楽を殺したとさえ言われた時期もあった。


工業製品として、取り巻くエフェクターや便利グッズなどの


「モノ」としての発展もまだまだ可能性あり。


大先輩達が作った MADE IN JAPAN が再評価されているように、


構造的にも理由と結果が理解しやすいので、


モノ作り系人間もその魅力にとりつかれる。


ギターだけではないが、


楽器として木材に変わる何かを見出せるのかという難問も抱えている。


しかし大量生産可能な国がPLEKシステムをガンガン導入するような事態になれば...


演者にとってはいい時代がくるのかもしれないが、


モノ作り系日本人としては末恐ろしい(苦笑)。

 
話がそれてすみません(笑)、


他の楽器と変わらないと思うけど、


演者としては一体化し自己表現が「音」で出来ること。


歌の伴奏楽器として、最も手軽で絵になるその説得力。


ただただその見た目、道具としての存在のカッコ良さが魅力なのでは。


エレキは電気がなくては成立しないから、


演者は発電もするべきか。発電屋さん、頼むよ(苦笑)。








  B いいギタリストとはつまり何ですか?良い悪いの判断基準は?
   どの辺に着目して聴き、見てるのでしょうか?






ギターに限ったことではないが、


楽器を「奏でられている」という部分と「一体化できている」という部分。


バンド内ではバランスを考えて演奏できているのか。


緊張していたら...リズムが悪ければ...


すごいテクニックを持っていても丁寧に弾くことができなかったら...


良いと言われるギター持っていても、


その「人」という部分の確立がなければ...


聴いている人には「奏でられている」と伝わらないと思う。


集中できていなければ「一体化できている」とは見られないと思う。


ちゃんとノリを成立させられているかどうか...


良いギタリストになる道は遠い(笑)。
 






 C ギターを始めた頃を振り返って、得意だったこと、苦手だったことは何ですか?
   (更にビギナーさんにアドバイスをお願いします)






従兄弟の影響でビートルズに夢中になってギターを手にしました。


雑誌の情報源を基準にギターの時代があるとすれば、


「早弾きこそが最高」というものが終わりつつの世代。


布袋ショックの冷めない、いか天バンドブーム真っ只中でした。


エリック・クラプトンがあんなに適当に顔で弾けるには何か理由があると思い込んだ結果、


立ち読みにより、ペンタトニック・スケールというものを探し当て、


なんちゃってを弾くことができました。

 
ギターと歌うことは切り離すことが出来ないと思っていて、


コードとメロディーを確実に自分に取り入れるという点で


「コードを覚えて歌う」ということをお勧めしたい。


自分は「ギターを弾きつつ歌いたい」がスタートなので、


現在でもどちらか一つでは自由になり切れない。




インターネット検索、動画、教則本、アプリという環境が整っていること、


プロでも心惹かれない方々が大勢いる現況を冷静に見ることができれば、


楽器として成立しているギター1本と独学のみで、


プロへの道は遠くないのかなとは思えるが、自分はいまだに楽譜がスラスラ読めない(苦笑)。




一番大事なのはバンドを組むとかだけに限らず、うまい人と一緒に演奏すること。


演奏も職人と同じ技術あってこそという一面も。代々受け継がれるべき。


今、自分は幸運にもそういう出会いに恵まれ、


成長と具合が悪くなるくらいの緊張を皆様から頂いています。


特にギタリスト、カルロス三浦さんと矢部利彦さんには感謝感激で胸がいっぱいです。








  D ギターを始めて2~3年の時期と現在とで最も異なる点は何?






始めた頃はまさに格好上の産物止まり。


最近は数々の出会いから学ばせていただいたことを整理出来るようになり、


ギターの音づくりにやっと自信が出てきた。


力を抜いて演奏できるようになってきたことが最近の実感できる成長。


ギターを弾き始めて25年の今年、そんな程度の進歩しかしていないことに気づく(泣)。






  E 曲を作る(=創作する)自分と、歌ったりギター弾く(=パフォーマンスする)自分とは、
   どの程度同じ自分なのですか?








全て延長上でつながっているという意味では全てが同じ自分。


日々の生活ともリンクしていて、


様々な迷いからくるその自身の喪失もすごく影響するので、


心境や思いがそのまま音、曲に出ます。


歳を重ねるにつれ、人耳にさらす前にボツにすることが多くなることは、


良くない、もったいない、とわかっていてもそうしてしまう。


最近は作曲していない...う~む過ぎてゆく時間が非常にもったいない(苦笑)。








  F ギターは時代遅れだと思いますか?将来的には、流行って行くのか、廃れていくのか、
   それはどう思いますか?








人類にとって必要なものの一つである以上、


他の楽器が飛ぶようには売れないけど愛されているように、本物は廃れないと思います。


歴史の浅いエレキギターが流行るかどうかといえば、もう十分流行ったと思うが、


それを知らない世代に支持されるかどうかは未知。


本物の楽器屋さんと本物の演者が生き残ることのできる環境を作っていきましょう、我々消費者の

皆様(笑)!
 






  G 音楽をやって行く上で、何が大切でしょうか?いいミュージシャンになるための、
   要素、性格、資質、努力の方向、はどんなものだと思いますか?








全くもって音楽に限ったことではないが、


その人の度胸と決意。


エゴでなく真実・現実に素直・冷静でいられるか。


周囲への感謝、やっていくことで生じてしまう犠牲に対するけじめ。


III Sides to Every Story とは EXTREME のアルバムタイトルだけど、


物事には3つの側面がある。自分の考え、他人の考え、そして真実。


自分に何が必要かを判断し、それを修得するために時間を使うこと。


EAGLES の HOTEL CALIFORNIA の歌詞をよく読んで、


前向きな答えが導き出せること。


自律なくして自立なし、自信なくして名演なし。


いつも自分に言い聞かせて、ステージで緊張しまくって間違えています(残念)。






  H ステージ(=ライブ)での口パク、アテ振り、についてどう思いますか?






それが商品である以上、演出上のものは仕方がないと思うし、否定もしない。


しかし最近は既成概念が崩れつつあり、


これからはちゃんと再現できる人間、


本物しか残る必要性がなくなっていくだろうから、


何々のフリは廃れていくのではないか...というか期待してます(笑)。






  I もしも自分が爆発的に売れたら何をしますか?変節しますか?






時間的・気持ち的な余裕を獲得し、人間らしい生活を送りたい。


我々真性団塊ジュニアは虚像が溢れかえる時期を生きてしまった感があるので、


自分なりに吸収することの出来たであろう物事の本質を次の世代に伝えたい。


身の回りに死体が溢れかえるような状況になれば、変節はありえます(オーバー)。
 




  J ギターの名演といえば、レコード、CDでいうとベスト3は何の曲でしょう。






その時々で変わるけど、今思い浮かぶのは...


THE BEATLES の AND YOUR BIRD CAN SING


自分の中では元祖ギターハーモニー。


ビートルズがこの曲をライブで演っていたら、


後のロックシーンが変わっていたかも(オーバー)。




Char の Smoky


エレキギターのビブラートユニットという構造がなかったら出来なかった名演。




THE ALLMAN BROTHERS BAND の STATESBORO BLUES


生きている、歌っている演奏法という点で後の世に残る名演。




つまりベスト3選出は、


寿司ネタベスト3を選ぶくらい難しい(そんなわけはない)。
 











 うひゃあ!たまげました!この文語体(!?)この饒舌さ!

 ロック、R&B、ブルースなどを広範囲にかつ高水準にこなす、

 CHIXTAKE などで活躍中の中山TAKE武之です。

 この人は評論家ではなくてトラディッショナルなすごい

 ミュージシャンです。ちゃんとした芸を持つ人は口も達者。

 そういう良い例でしょう!何度も演奏を見たりタイバンもしました

 が、実はというかやはり深く考えてるんですねえ。

 メールで回答いただきました。ありがとうございました。


    *現在の回答数 3件
[PR]
by coburnx | 2012-05-09 22:54 | 音楽をギターを自分を語って!
<< ライブでの衣裳 5月8日GABIGABI WO... >>