「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
コバーン1stCD”暢気”の紹介 3 
 歌録りに入った。
 
 今もあるのか分からないのだが、以前最大級のカラオケチェーン

 で、自分が歌ったものをCDにプレスしてくれるサービスがあった。

 わしはギターとマイクスタンドを持ち込み、適当な長い曲を選び、

 カラオケトラック音量をゼロにセット、マイクとギターをプラグイン

 して、弾き語りのデモCDを作っていた。無論正しい利用法では

 ない。×××エコーさんごめんちゃい!それが一曲につき何テイク

 もをセーブしてその中から良いテイクを選べるという素晴らしい

 ソフトだった。そうやって出来たものを人に聴かせてみると、

 「何歌ってるのかわからん」とか人によっては「これって何語なの?」

 だと!!要するにわしの歌は歌詞が言葉として聞き取れない

 重大な欠点があった。まあ現在も完全に改善しきれていない。

 そういうことがあったので、言葉が聞き取れることを意識して

 歌録りに臨んだ。が…。エンジニア寺坂氏いわく「全般に、採用

 したテイクよりも音程がいいテイクはいっぱいあったけど詞がわか

 りやすいテイクをチョイスしてある」だと。歌っているときは普段

 楽器やりながらのことを歌うだけに集中できるので大変ラクチン

 で気分が良かった。M7はいくらやっても音程が取れなかったので

 終いには歌えるようなメロディーに修正してなんとか仕上げた。

 で、今あらてめて聴くとシャクってるのが気に入らない感じ。

 形になって初めてわかる事はやはり多々ある。全体としては

 なかなか良いものが出来たと思っている。貴重な経験をしました。

 歌録りは二日で終わった。

 十日くらいミックスの格闘をしていただいて音源が出来ました。

 500枚プレスして大分売れ残っています。

 ライブ会場で1000yenで手売りしてますので買ってください。






 

 

 
[PR]
by COBURNX | 2012-05-25 00:48 | コバーニズム ~創作・演奏論
<< 来週のライブ 5月23日GABIGABI 愛... >>