「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
10月4日SMOKY

長かった夏が終わったところで今回は内省的な歌を

いろいろやってみました。そしてシャウトもしました。

川べりの絶好ロケーション、爽快に飲めるバーです。

ご来場のみなさんありがとうございました!!




   コバーンのセットリスト

 一部

  川の流れのように  *1

  ROSSA LA VITA

  LET'S SPEND THE NIGHT TOGETHER *2

  プチ整形

  アンチブルース

  君はバラより美しい  *3

  ブラフを通せ

 二部

  ALL OF ME   *4

  HALLOWEEN   *5

  1ドア2ロック

  LIVING LOVING MAID *6

  よろずメカ処よろメック

  
  *1 インスト 美空ひばりカバー
  *2 ROLLING STONESカバー
  *3 布施明カバー
  *4 インスト 映画CARELESS LADY
     映画MEETING DANNY WILLSON などを経て
     スタンダード
  *5 JAPANカバー
  *6 LED ZEPPELINカバー
a0267026_4581360.jpg


お客さんから時に、どういうつもりで持ち曲を選んでるか

きかれることも有りますが、基本的には好きな曲です。

それぞれ他で聴いた事ないような編曲を施してるつもり

で、カバーと言ってますがわし的にはリメイクといった感じ

です。ギターというのは不思議で、どこまでもイージーに

やることもできるしどこまでも凝ることもできる。ので結局

自分の型を表せないと漫然とやってるように見えやすい。

原曲がギターを前面に出した曲より全然ギターが無い

曲を料理するのがじつは好きなんです。

ロックはイギリスものだけをやっています。わしはどうやら

ロック屋にはなれないので有名な曲はとりあえずやっとく

という方向性には行けないのです。選ぶ基準というのは

有るようで無いんでしょうか。歌のメロディがはっきりして

いれば何でもやれると思っています。

しかしながら弾き語りでショボくならないのは極めて大変。

一度ショボくない弾き語りというものを見に来てください。
[PR]
by coburnx | 2012-10-06 05:02 | 2012ライブレポート
<< 10月9日GABIGABI 愛... 2012年10月のライブ >>