「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
バンドの名称
言葉の壁は、無理して越えない方がよろしい。

というのがわし並びにこのブログの立場なのです。

英語、解らなくても好きな歌なら堂々とうたうべし。

英文の意味、解らなくても好きなTシャツ着るべし。
a0267026_11334197.jpg

異邦人でよく、漢字のタトゥーを施した人が居ます。
a0267026_1135414.jpg

こんな漢字あったっけ?ってのもよくありますね。

日本の漢字と中国の漢字とついでに台湾の漢字は

意味が違う事も多いから、自分のボキャブラリーで

変だよなんて決めたらいけないんだそうですよ!!!
a0267026_1132359.jpg

それを言ったら、妙な名前のバンド、いっぱいいます。

ウケ狙いが露骨に出ていないのが今風でしょう。

“レミオロメン”とかね。

おじさんが“ロミオメロン”っていい間違うとウケる訳。

昔は、ぴあのライブ欄の一ページの内に

“突然ダンボール”と“突撃ダンスホール”が同居した。

今はあまりそんなのは流行らないんですけどね。

“ずうとるび”は始めからTVに出てて有名だったけど

知り合いのバンド、“ズビルート”も売れてもらいたい。

売れたらその後わしが、“狡ビート”【ずるびーと】

を結成しちゃおうかな。

パンテラのトリビュートで、“パンチラ”も居るべきだ!?

ふと思いついたけど、“シリコンTITS”なんていいね。
[PR]
by coburnx | 2013-01-20 11:40 | 音楽をギターを自分を語って!
<< 1月23日 J☆Bucchus... 10の質問/RIKIの巻 >>