「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
歌+ギターの一つの理想形
タック&パティが五年前に来日した時のインタビュー

から、ちょっとだけ長いですが抜粋します。


 ☆  ☆  抜粋はじめ  ☆  ☆

●インタビュア・Guitar Labo
 通訳:奥沢茂幸(アコースフィア)
a0267026_1956373.jpg

■プロになられたのはおいくつのときですか?

パティ:17歳のときに初めてギャラをいただいたの(笑)。

それまでもゴスペルやコーラス隊などで歌っていた

けど、お金をもらったのは17歳のときね。そのときもらった

のは75ドル。当時の75ドルといったら大金よ。今でも

それくらいしかもらえない人もいるでしょう。とってもリッチ

な気分だったわ(笑)。

タック:最初のギグで75ドルももらったの? 

ぼくなんか最初は6ドル25セントだったよ……。

(一同笑)

タック:その仕事をするために制服としてベストを買わなく

ちゃいけなかったんだけど、それが6ドル。だから手元

には25セントしか残らなかったよ。(一同爆笑)


■次はタックさんにお伺いします。

初めて触れた楽器がギターだったんですか?

タック:ピアノを弾くことから始めたんだ。父と姉も弾いて

いたからね。

6、7年クラシックピアノを弾いていたんだよ。

その後ロックンロールに目覚めるんだ。

ローリング・ストーンズ、チャック・ベリー、ビートルズといっ

たね。それからギターを弾くようになったんだ。

14歳のときにギターを始めて、17歳でジャズとジミ・ヘン

ドリックスをよく聴くようになったんだ。音楽にはリミットが

ないから、いいと思ったらそこへいけばいいと、そのころ

から思っていたんだ。それからずいぶん長い時間が

たったけど、いまだに勉強し続けているねー(笑)。


■大事なことですよね。ところでギターは独学ですか?


タック:ほとんどひとりでやったね。

大学にいたころは3か月だけクラシックギターを習った

ことがあったよ。

ぼくは自分に教えることに長けているんだ。いろんな人

たちのプレイを見て、それを盗んだり、分析したりしてそれ

を自分のプレイに反映することに長けていると思う。

いろいろな人とセッションをした経験もよかったね。だから

それからはギターは習いたくないなって思ったんだ。

たとえばBBキングが先生ならいいけどね。そう思って

からは、ライブを見たりレコードを聴いたりして「どんな

演奏法なんだろう」、と研究するほうが自分には向い

ているとわかったんだね。正しく成長していく道があった

としても、そこをすうーっといけるわけではなかったんだ。

間違った道に迷い込んでしまうことがあるんだよね。

そこからまた正しい元の場所に戻ってこなくてはいけない

から、それにすごい時間をかけてしまったけどね。

ただ、その間違った方向へいった経験も今は生かさ

れているよ。「タック&パティ」で新しい音楽をやるとき

などは、従来の方法論じゃないやり方ができるしね。

どんな人にも言えることなんだけど、自分のなかにある

「こういうことがやりたい」という声に耳を傾けることが

すごく大事なことだよ。



■タックさんとパティさんが出会って、最初に音を出した
瞬間のことを覚えていらっしゃいますか?


タック:5人編成のバンドでいっしょになったんだけど、ふたり

とも音を出した瞬間に「ともに音楽をし、ともに人生を送る

相手はこの人だ」って思ったんだ。

■すばらしい出会いだったんですねー。

タック:驚くべき話でしょう?

■ええ、まったくです!
a0267026_19581530.jpg

タック:そのときはそういう話はしなかったんだけど、後から

お互いにそう思ったことを確かめたんだ。ほかのメンバー

とはそういうつながり方をしなかったので、そのバンドを辞め

てパティとふたりでほかのバンドに入ろうと思ったんだけど、

リハーサルをしているうちに、バンドはいらない、ふたりで

やるのがいいねということになったんだ。ふたりで地元の

クラブで演奏を繰り返しながら、今に至っているんだよ。



■ギターとボーカルだけ、という編成になることに抵抗はなか
ったのでしょうか?


パティ:それはそれは大きな変化だったわ。

タック:崖(がけ)から飛び落りるほどの変化だよね。

(一同笑)

タック:火に飛び込むほどのね。

 ☆  ☆  抜粋おわり  ☆  ☆



タックアンドレスはわしの尊敬するギタリストです。

パティの歌とタックのギターだけでライブやってる点では

アンサンブルとすればほぼ弾き語りと同じと言えますね。

わしは以前、BLUENOTEでライブみました。

すんごかったっすね!コードチェンジなんて余りに速くて

至近距離でも何やってるか見えないです。

手をつないで登場、演奏しながら退場。可愛らしいです。

このデュオはわしの目標と言ったら生意気でしょうかね?

目標を大きく持つのは自由ですから。

そう思いませんか?
by coburnx | 2013-05-26 20:03 | 音楽をギターを自分を語って!
<< 無愛想 昭和最後の日 >>