「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
9月13日 こびとさん アコースティックナイト
《《「こびとさん」的なものが「いる」と思っている人

と思っていない人がいる。

「こびとさん」がいて、いつもこつこつ働いてくれ

ているおかげで自分の心身が今日も順調に

活動しているのだと思っている人は、

「どうやったら『こびとさん』は明日も機嫌良く

仕事をしてくれるだろう」と考える。

暴飲暴食を控え、夜はぐっすり眠り、適度の運動

をして・・・くらいのことはとりあえずしてみる。

それが有効かどうかわからないけれど、身体的

リソースを「私」が使い切ってしまうと、「こびとさん」

のシェアが減るかもしれないというふうには考える。
a0267026_0345070.jpg

「こびとさん」なんかいなくて、自分の労働はまるごと

自分の努力の成果であり、それゆえ、自分の労働

がうみだした利益を私はすべて占有する権利が

あると思っている人はそんなことを考えない。

けれども、自分の労働を無言でサポートしてくれて

いるものに対する感謝の気持ちを忘れて、活動が

もたらすものをすべて占有的に享受し、費消して

いると、そのうちサポートはなくなる。

「こびとさん」が餓死してしまったのである。

知的な人が陥る「スランプ」の多くは「こびとさん

の死」のことである。

「こびとさん」へのフィードを忘れたことで、

「自分の手持ちのものしか手元にない」状態に置き

去りにされることがスランプである。

スランプというのは「自分にできることができなくなる」

わけではない。

「自分にできること」はいつだってできる。

そうではなくて「自分にできるはずがないのにも

かかわらず、できていたこと」ができなくなるのが

「スランプ」なのである。それはそれまで「こびとさん」

がしていてくれた仕事だったのである。》》

『内田樹の研究室』より抜粋

a0267026_0342428.jpg


  コバーンのセットリスト


  Shadow Of Your Smile *1
  
  一つになろうよ

  かっこわらう

  婚姻制度

  Down Town Club   *2

  フェミニスト

  スタントマン

   
  *1  インスト。映画『いそしぎ』より 
  *2  織田哲郎カバー


タイバンの方が皆さん大変自分のカラーを持って

いて、感心しました。

いい刺激になりました。

ご来場の皆さん、ありがとうございました!
[PR]
by coburnx | 2013-09-14 00:37 | 2013ライブレポート
<< 嵐 いたずら 3 >>