「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
コバーンが選ぶコミカルな歌
こんばんは。今日は、

コバーンが選ぶコミカルな歌ベスト3を発表します。

☆☆一位☆☆
a0267026_00399.jpg

ピーター 『人間狩り』  1974年
作詞:なかにし礼
作曲:馬飼野康二

夜が来て 鏡を見て 髪を梳かし 爪を磨き

唇にルージュをひいたなら さあ

でかけよう

人間狩り 人間狩り

愛なんかなくていい

たった一晩だけでいい

恍惚の時があるならば

本当の自分を見るのが怖いから

今夜も誰かの 胸に顔を埋めたい


夜が来て ドレスを着て 指輪をはめ 帽子被り

灰色のコートを肩に掛け さあ

でかけよう

人間狩り 人間狩り

真実はなくていい

嘘でかためた恋でいい

恍惚の時があるならば

本当の自分を見るのが怖いから

今夜もあなたと 部屋の明かり消しましょう



いやはや、歌詞見てると聞いてみたくなるでしょ。

ピーターは容貌こそユニセックスだけど歌声はめちゃ

低音でそのギャップも相まって未知の世界を見れる

んですねえ。これはボーイハントの歌らしいです。


☆☆二位☆☆
a0267026_002761.jpg

山本リンダ 『じんじんさせて』  1972年
作詞阿久悠
作曲都倉俊一

--前略--

だめだめ女を口説くのは

どこにもあるよな手じゃ駄目よ

心がじんじんしびれてみたい

愛で金で地位であれこれ口説くけど

それじゃまだ燃えないわあきらめて

--後略--




ザ・奔放な女子という感じですな。いや、強い女子か。

ウーマンリブとはまた別の強さと言いましょうかね?

それにしても、時代を感じさせる詞ですね。えっと、

歌詞を探すときは ”(曲名) LYRIC”

とタイプしてググれば歌詞がたちどころに見つかる

というワザが有ります。ヒット曲なら見つかります。

もしお暇があればこれの歌詞の全貌をみると

きっと楽しいのではないかと思います。参考までに

”我慢クラブ LYRIC” だと見つかりません!!


☆☆三位☆☆
a0267026_00667.jpg

松居直美 『微妙なとこネ』  1983年
作詞 売野雅勇
作曲 井上大輔


松居直美ってコメディアンだったっけ、と思っている方

れっきとした歌手ですよ。この歌、一発でわかる程の

「あざとい」、「狙ったコミカル」、なんですがそれを

補って余りある素晴らしい曲だと思います。

これの動画は感動しました。振り付けもあざといし

歌がうまいのにヘンさが爆発して、歌番組ですが

和田アキコや岩崎宏美なんか泣きながら身をよじ

って笑ってる。石川秀美や柏原よしえは自分らより

ずっとウケてるしうまい松居直美をみて憮然としてる。

削除が大変惜しまれる動画でございました。
[PR]
by COBURNX | 2013-09-21 00:00 | 音楽をギターを自分を語って!
<< 温暖化詐欺の続報 高さの主張 >>