「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
推して知るべし

ちりめんの例、後から次々と思い出しました。

番頭クラス!? マドンナ 

重大な人を忘れてた! ケイトブッシュ 
a0267026_11504948.jpg


国連「IPCC」が懲りずにまたデマを言ってます。

日本の三大新聞なんか見るとめまいがします。
a0267026_11511167.jpg

「気温が大きく上がる」「海面が大きく上がる」

こんな嘘をどんな目的があって強弁するのか??

a0267026_11524555.png

「二酸化炭素」を「削減」している人は誰でしょう?

やっている人は誰もいないと言われています。

やっているのは、「二酸化炭素排出削減」ではなく、

「排出権取引」などの「二酸化炭素デリバティブ」

なのだそうです。

たとえば数年先、日本が公約通りにCO2削減を

果たそうとするならば中国やロシアあたりから

排出権を買い取る羽目に陥り、そのコストたるや

ざっと1~2兆円規模になると言われています。

いうまでもなくこれは権利の売買で実体を伴うもの

ではなく、実際にCO2は削減されません。

早い話、排出権取引とはあくまでもバーチャル取引

で、それを後押しする役目をおっているのが、

他ならぬ「IPCC」なのです。

IPCCの歴代会長は、銀行屋さんなど経済屋さん

(ビジネスマン)です。

あのヒゲの議長パチャウリは、インドの巨大財閥タタ・

グループのエネルギー資源研究所の所長(経済学

博士)です。科学者ではありません。
a0267026_11523852.jpg

また、報告者はほとんど日本の環境研その他、日本

が請け負っているということです。

このことは気象庁などIPCC報告書の日本語訳の

最初に枠で囲んで誇らかに書いてあります。

日本がデマのお先棒を担いでいるのが実態です。

新聞がこれなのでTVも推して知るべしです。

『タダより高いものは無い』は至言だと思います。


  ☆   ☆   ☆   ☆

 ライブにお越しください
[PR]
by coburnx | 2013-09-29 11:58 | 日常の雑感
<< せんべろ ちりめんヴィブラート >>