「歌とギターは対等&ゴリゴリ」を標榜するコバーンのブログ
by coburnx
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
メールはこちらへ♪

coburnあっとsky.bbexcite.jp
その他のジャンル
最新の記事
2017年 6月、7月のライ..
at 2017-06-07 05:20
言い直さない
at 2017-03-26 12:26
個人情報
at 2017-03-22 15:12
Berry Good
at 2017-03-20 01:42
わびさび
at 2017-03-15 23:26
外部リンク
フォロー中のブログ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
レギュラーチューニング考察
前回チューナーについて触れたので

今回はチューニングについて語っておきます。

ギターを始める時チューニングを覚えますが
a0267026_0122568.jpg

これ何かヘンじゃね?と感じませんでしたか?

開放弦から開放弦の音程が一定じゃないです。

わしも奇妙に思ったのですがその理由は誰も

教えてくれませんでした。

長い長い年月が過ぎ。

ある時、アルトサックスはEフラット楽器

でテナーサックスはBフラット楽器。

じゃあギターはなんだろうとぼうっと考え

ていたら、あたかも副産物のごとく、わしは

レギュラーチューニングはもしやこういう

意味じゃないか、という自分なりの見解を

得ました。

まずギターちゅうのはG楽器だとわしは思う。

開放弦にドが無いのでC楽器じゃないだろう。
a0267026_02640100.jpg

で、コバーン説とは

ある開放弦と別の開放弦を鳴らすと

一度から八度まで多彩な音程ができる。

ただオクターブ上げたり下げたりした結果

そうなるのでなかなか気がつかないんです。

二度音程
a0267026_01251100.jpg

各小節の二つめの音をオクターブ上げるか

下げるかしてください。

一つめの音に対して長二度音程でしょう!


三度音程
a0267026_0243260.jpg


四度音程
a0267026_024493.jpg

五度音程
a0267026_025420.jpg

これも同じように二つめの音をオクターブ上げるか

下げるかしてみてください。

以下も全て同じ要領で行きます。

六度音程
a0267026_0252078.jpg

短七度音程
a0267026_0253642.jpg

八度音程
a0267026_0255466.jpg

これらから察するに、ギターを開放弦中心に

鳴らしても、平易な押さえ方で鳴らしても

いろんなメロディや和音に対応できる事を

考慮してレギュラーチューニングは出来た。

とわしは思っています。

  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆
来月はバンドライブ三発。がんばるっぺさ
[PR]
by coburnx | 2015-11-19 00:34 | コバーニズム ~創作・演奏論
<< 11月22日 Sammy... 2015年12月のライブ予定 >>